自社空調服の導入 『熱中症予防に向けて』

この度、熱中症予防・対策に向け、空調服を社内に導入しました。

もしかしたら空調服というものを知らない方もいるかもしれませんので、ご紹介します。

空調服とは、読んで字のごとく、空調機能が付いた服です。

もっと簡単に言うと、小さな扇風機(ファン)がくっついたジャケットのことです。


 

 

 

 

 

 

炎天下の作業では、日焼けや発汗で体力を奪われることが多いですが、空調服を着ると汗をかきづらく、

夏場の作業効率が上がり、体調管理もしやすくなります。

また、空調服は熱中症予防のほか、暑さによる注意力、集中力、判断力低下の抑制などにも効果が期待できると

言われています。

 

 

 

 

 

 


事故防止はもとより、工事を早く終わらせれるように効率的な作業にも社員一同で努めていきます。