安全で快適な環境のもとで暮らせる街づくりをめざして!

工  事  名:魚津市公共下水道事業(村木排水区)上村木雨水調整池築造工事

工事期間:平成29年9月26日~平成31年3月26日

発  注  者:魚津市水道局下水道課

受  注  者:東城・朝野工業・関口組特定建設工事共同企業体

 

一昨年の10月から取り掛かりました、雨水調整池がこのほど完成しました。

工事の流れをまとめましたので、興味のある方はご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

- 雨水調整池完成(上村木3号公園地下構造物)-

 

 


 

 

 

 

 

 

 

- 雨水調整池内部状況 -

この内部に、大雨時の雨水を貯留します。(貯留量 4,200㎥)

貯留された雨水は、既設水路の水位が下がった時点で内部ポンプにて排水されます。(最大吐出量=6㎥/分)

 

平成29年10月 着工前

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

- 着工前 いよいよ仕事のスタートです -

 

平成29年12月~平成30年2月 仮設工事全盛期(鋼矢板圧入)

 

 

 

 

 

 

 

 

調整池を設置する範囲を、鋼矢板で囲む作業です。長さ11mの鋼矢板を圧入します。

玉石が多く、想定の2倍の期間を要しましたが、2台体制をとることで対応しました。

 

平成30年3月(本体土工 掘削、残土搬出作業)

 

 

 

 

 

 

 

 

鋼矢板内部を大型重機を使用し、一時掘削 深さ2.0mまで掘削し、発生した土砂を搬出します。

道路を汚さないよう、散水車で清掃しました。

 

平成30年4月(1段目支保工 切梁・腹起し設置)

 

 

 

 

 

 

 

 

一次掘削後、上段の切梁・腹起しを組み立てます。長尺、重量物の取り扱いには苦労しました。

職人技がさえわたり、スピーディーにかつ安全に完了しました。

 

平成30年5月(2次掘削~2段目支保工~3次掘削)

 

 

 

 

 

 

 

 

小型重機を4台投入して、内部の掘削作業を行いました。作業状況はまるで虫食いに侵されているかの

様子で、オペレーターはかなり苦労していました。掘削、支保工まで無事に作業が進み、いよいよ

本体ブロックの設置に取り掛かります。

 

平成30年6月(PCブロック敷設)

 

 

 

 

 

 

 

 

掘削後、支持地盤の強度を確認し、底版コンクリートを打設。その後、本体ブロックの敷設です。

県内でも数少ない150tクローラー(ヤード規制による)を搬入、組み立て作業します。

125本のパーツで構成される雨水調整池ですが、平均 6本/日を敷設し、約1か月でならべ

終えました。(従来工法では3倍以上の日数がかかると推定される。)

 

平成30年7月~9月(底版工、端部壁工、埋め戻し工、付帯工)

 

 

 

 

 

 

 

 

PCブロックの隙間を鉄筋コンクリートでつなぎ一体の構造物としています。生コンポンプ車を使用し

場内へコンクリートを圧送し作業しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

両端に鉄筋コンクリートで塞ぎいよいよ、雨水調整池の完成まであと少しといったところです。

狭い範囲での作業に、苦労しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

入念な埋め戻し作業です。公園に復旧後の沈下などが起こらないよう、確実に締め固めています。

こちらも狭い範囲での作業でした。周囲状況の把握を十分に行い、安全に完了しました。

 

平成30年7月(現場見学会開催)

 

 

 

 

 

 

 

 

PCブロックが敷設された時期を見計らい、地元の方々、県内関係者、魚津市技術職員などを対象として

3回の現場見学会を開催しました。今後、内部への立ち入りが困難であることから、内部での見学会は

好評で、特に地元の方々には公園の地下にどのようなものが建設されたのか、理解を深めていただける

絶好の機会になったと思います。

 

平成30年10月(分水工:下流流下と調整池内流入を分水する水路)

 

 

 

 

 

 

 

 

2m×2mのボックスカルバートにて既設水路の流路と雨水調整池に導水する水路を施工しました。

既設水路の水位が15cmをオーバーした水が調整池に導水され、下流域の増水が抑制されます。

 

平成30年11月(管渠工:分水工と調整池をつなぐ暗渠)

 

 

 

 

 

 

 

 

分水工と雨水調整池を接続するφ1000のヒューム管を敷設しました。地震や振動に備えた可とう継手

を設置し、良好な施工となりました。本体工事はこれで完了。残りは、完成に向けて公園を復旧します。

 

平成31年1月(公園復旧工:クレイ舗装工、ベンチ、植栽、遊具、外構等)

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

公園をもとの状態に復旧し、工事の完了です。

『来た時よりも美しく』仕上げることができました。

本工事において、地元の方々には何かとご不便、ご迷惑をおかけしましたが、多大なるご協力と

ご理解を賜り、無事竣工を迎えました。この場をお借りしまして、心より御礼申し上げます。